×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ  えこお企画  準備  岩手の結婚式  演出
ブーケアレンジ  BGM
  BBS  日記  リンク
 岩手 vs 首都圏  
こ〜んなに違う結婚式
和装 岩手 親の希望で和装を着ることもまだ多い。

首都圏 和装はほとんど着ない。
衣装 ほとんど3着。 打掛 ⇒ ウエディングドレス(WD) ⇒ カクテルドレス(CD)。
ほかに、『 打掛 ⇒ 振袖 ⇒ WD 』や、『 WD ⇒ CD ⇒ CD 』など。


ほぼ2着。 WD ⇒ CD。
時間 3時間を越える披露宴も多い。

2時間か、長くて2時間半。
全体構成 祝辞・乾杯(打掛) ⇒ ケーキ入刀・スピーチ・余興(WD) ⇒ キャンドルサービス・花束贈呈・謝辞(CD)

祝辞・ケーキ入刀・乾杯・スピーチ(WD) ⇒ キャンドルサービス・余興・花束贈呈・謝辞(CD)
祝辞 型どおりのものが多い。家によっては4人以上あったりする。

けっこう毒舌。そのイメージのまま岩手で話すと、ヒンシュクを買う。
余興 詩吟・日本舞踊・謡から親戚カラオケまで、お色直し中もビッシリ!なこともある。

新郎新婦がいる時間だけ、友人代表が2つくらい。
締め 両家代表謝辞 ⇒ 新郎新婦謝辞。たまにその後、万歳三唱など。

両家代表謝辞 ⇒ 新郎新婦謝辞 か、その逆の順。たまに新郎新婦謝辞だけなことも。
退場 手拍子かアーチで華々しく見送る。

とくに盛り上げない。
BGM 打掛の入場で『長持唄』(※)がかかることが多い。
花束贈呈で『秋桜』がかかったりする。
音響担当者のセンスによっては、5年以上前のヒット曲がかかることもある。

 ※「はァ〜今日はァなァ〜日も佳ォしィ〜♪」から始まる民謡です。
岩手の地域別 結婚式の特徴