×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ  えこお企画  準備  岩手の結婚式  演出
ブーケアレンジ  BGM
  BBS  日記  リンク
ブーケとブートニアの由来


なぜ必ず新婦はブーケを持ち、新郎はおそろいの花を胸に挿しているのか?
それには理由があります。

ブーケとブートニアの由来
中世ヨーロッパでは、男性はプロポーズの際、野の花を摘んで花束にし、想いをこめて女性に贈りました。
女性はプロポーズの返事がYESならば、花束の中から1輪とり、男性のボタンホールに返したといわれます。


・・・というわけで、現代でも新郎新婦に花はなくてはならないものなのです。
ブーケにこだわるのも楽しいですよ!
男性が女性にブーケを贈る?


由来に忠実に、彼氏から彼女にブーケをプレゼントしてみてはいかがですか?
ドレスを着た彼女の写真と、彼女が好きな花はなにか、という情報を仕入れておいて、早速花屋さんに相談!
花屋さんが、彼女が好きそうな季節の花の中から、ドレスに似合う花とブーケの形を提案してくれます。
ちなみに、作るのは花屋さん。彼氏じゃないですよー。
せっかくだし、新郎がブーケをプレゼントしたことは司会者にも伝えましょう。友達もビックリしますよ!
彼女がブーケにこだわりがなく、男性がマメな場合はオススメ。彼女がこだわりを持っていたら、ブーケは彼女に任せましょう!
ダズンローズ


桂由美プロデュースの人前式で提案されています。

ブーケは12本のバラ(ダズンローズ)で作られます。
それぞれのバラに「誠実」「情熱」「永遠」などの意味が込められているので、司式者(司会者)から意味を紹介した後、新郎から新婦へとブーケを贈ります。
新婦はあらかじめ決めてある意味のバラを、新郎の胸ポケットに返します。
「尊敬」なら、「互いに尊敬しあって暮らしましょう」という意思表示になるわけです。

みんなの前で改めてプロポーズ!
ブーケの由来を現代風にアレンジしているわけですね。
ダズンローズ アレンジ例


花の数を少なくする

5本など、花の数を少なくして、意味も「いつまでも仲良くしよう」「綺麗な奥さんでいてください」など、文章にしてもいいでしょう。
もしくは、男性からの誓いとして
「お酒は週5日までにします」「浮気はしません」
など、ちょっと楽しい内容にしてもいいですね。その場合は、お友達中心の人前式にオススメです。

女性から贈る
これもお友達中心の人前式にオススメ。
「お酒はほどほどに」「ときどきデートして」
など、結婚生活でのリクエストを花に託してみましょう。
彼氏はどのリクエストを約束してくれるのかッ!?

別のものを贈る
ブーケは儀式にとらわれない形にしたい、という人むけ。
バルーンなどに置き換えて贈ってみるのもいいですよ。
手作りブーケ

ブーケを手作りしたい、という方も多いのではないでしょうか?
時間の余裕をみて、約1ヶ月前までにはドレスを着たときの写真を持って、お花屋さんに相談しましょう。
会場に出入りしている花屋さんは、たいてい手作りの相談にも応じてくれますし、ブーケの台座など必要なアイテムも貸し出してくれます。
ブーケ作りになれた知り合いの花屋さんでもOKですよ。
作りたいブーケの写真があればよりイメージを伝えやすいですね。

ただし、作りたいイメージにあまりこだわらないこと!
カスケードなどバランスが難しいものや、季節の花ではない、ドレスの雰囲気に合わないものだった場合は、花屋さんの意見を取り入れたほうがキレイに仕上がりますよ。

手作りブーケ 2


花嫁さんが一番大事!
ナイトウエディングなど、遅くから始まるパーティなら大丈夫ですが。
特に開始時間が遅くない場合、長持ちするお花で前日の夜に作るのもひとつの手です。
当日の花嫁さんは、やることがいっぱい!早起きで目にクマ・・・にならないように、当日やることは少なくしましょう!

ぎこちない作り方だと、花に負担がかかって当日ぐんにゃり・・・なんてことも。スムーズに作れるように、お花屋さんからレクチャーをうけながら練習しておいた方がいいですよ!

プレゼントしてもらう
お母さんやお姉さん、お友達などに作ってもらえば、時間の余裕もできるし、思い出に残るブーケになることまちがいなし!