×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ  えこお企画  準備  岩手の結婚式  演出
ブーケアレンジ  BGM
  BBS  日記  リンク
パーティーのあともブーケを記念にとっておきたい!


せっかくのブーケ。
なるべく長く楽しみたいよね?

ブーケの保存には、3つの方法があります。

@専門の押し花業者に加工を依頼する
A専門のドライフラワー業者に加工を依頼する
Bプリザーブドフラワーでブーケを作る

@Aは、もちろん自分で加工してもいいんですが、どうしても色が褪せてしまいがち・・・。
専門の業者さんにお願いすれば、色あせナシで加工してくれます!
だいたい3〜5万円かかりますけどね。

@押し花業者は、ブーケの花を使って1枚の絵のように仕上げてくれます。
使わなかった花びらを、押し花加工をした上で本人に返してくれる業者さんもあります。
「ブーケトスで1人だけにあげるとカドが立ちそう・・・」という場合、花びら入りのお手紙で友達みんなに幸せをおすそわけということもできますよ。
そのまま保存できるブーケ


プリザーブドフラワーとは、生花を約2年ほどもつように加工したものです。
バラなど花だけの状態で加工されています。(表現は悪いけど、首ちょんぱの状態ね)
なので、、がくの方から針金を通して茎を作ります。
台座に差し込む普通のブーケと違い、針金を束ねた形でブーケを作るので、カスケードとか難しい形も作りやすいんじゃないかな?
お花屋さんによっては扱っていないお店もあるので、
「プリザーブドフラワーでブーケを作りたいんですけど・・・」
と、あらかじめ確認しておきましょう!
前もって作っていても枯れたりしないので、忙しい花嫁さんにはピッタリのブーケです!

私のときは母がプリザーブドフラワーでブーケを作ってくれました。
結婚式から1年3ヶ月。今もほぼ色あせしてません!
形はちょっとしんなりしたけどね。